事業内容

ツーケン工業には主に3つの事業があり、3本の柱として会社を支えています。

 

詳しくは各事業内容の部分で記載しますが、一つは主力である建材販売事業です。パーチクルボードやベニヤ、フローリングなど多岐にわたる建材を取り扱っております。弊社では大手建材商社とも取引がございますので、基本的に仕入れられない・販売できない建材はございません。お問い合わせいただいた商材を迅速にご用意いたします。

もう一つは工事事業です。

マンションや、店舗、学校・幼稚園などの文教施設の床周りの工事や、クロス工事などの内装工事全般を請け負います。

ウッドデッキの工事や、体育館のフローリングの下に施工する鋼製床の工事もできます。

乾式二重床工事とフローリング工事が弊社の主力商品です。20年以上の経験がありますので、品質は日本でもトップクラスです。

​複合で受注し、各工種を弊社で管理することも可能です。

そして最後はリノベーション事業です。

3本目の柱として2017年から新規事業として始動しました。

本格的に始動したのは2019年からになります。

中古マンションの1室を買い取り、フルリノベーションして再度販売にかけています。仕入れて付加価値を与え高く売るというシンプルなビジネスモデルですが、ただ買ってリノベーションして売りに出すだけではいけません。

購入するお客様のジョブ・ペイン・ゲインを考慮しなければならないので、マーケティングの知見も必要です。非常に難しい事業です。

2021年12月までに20件以上のフルリノベーションを手掛けています。

今までは新規事業というだけあり模索しながら進めていましたが、かなりオペレーションの精度も高くなり、今後かなりの成長が見込める事業になっています

建材1.jpg
ツーケングループの強み
無題.png

ツーケングループの強みは

・材料の卸売り

・配送

・施工

まで、川上から川下までツーケングループですべて担当することが可能である、ということです。

グループ会社に

TK WOOD 株式会社(材料の卸売、配送、板物の加工)

株式会社 レジスト(施工、職人育成)

があります。

グループのチカラを結集して業務に当たることで、効率よく遂行できます。